開業医を目指す医師のみなさん、あるいは既に個人開業医としてご活躍されているみなさまに、今回は医療法人化することに関する様々な情報をお伝えしていきたいと思います。

『個人所得と法人所得を明確に分ける』

まず、みなさんは法人化することによって、どのような変化が起きるのかはご存知でしょうか。
医療法人化を行う際の最大のメリットとも言えるものは、やはり個人所得と法人所得を明確に分けることができる、この点ではないでしょうか。

個人でやっていると、ついついどんぶり勘定になってしまいがちな台所事情を、きっちりと整理できるようになったと言われる方の声はとても多いようです。

『個人所得と法人所得に分散できる』

また、同時にお伝えしておきたいメリットとしては、法人化した場合にはあなたは院長(理事長)となりますので、法人から給与が支払われる形となります。
この際、給与額を高くしすぎてしまうと個人としての課税額が上昇してしまいますので、家族を理事とし、給与を支払う事でバランスを取る事もできます。

こうすることで税率を抑えることもできるわけですね。
個人所得と法人所得とに所得分散することで、その他にも様々なメリットがあります。

例えば、病院を相続させたいと考えたときに、個人ならそのまま相続税が大きく加算されてしまいますが、法人となっていれば理事長を新たに変更するだけで構いません。
所得を分けることに関しては、実に様々なメリットがあるのです。

参照サイト:転職する医師に必須のスキル